キャリア教育の活動支援

就労支援の現場では、若年求職者とのカウンセリングでよくこんな言葉が聞かれます。

「自分のやりたいことが分からない。」
「コミュニケーションが苦手だから、独りでできる仕事はないか。」
「自分のアピールできるところが分からない。」
「自分に合った仕事や会社の選び方が分からない。」

自身への評価や自己肯定感が低く、仕事に対するイメージが漠然としていて明確な目的や目標を見つけられずに大人になり、いざ就職を考える時期が来ても、なかなか行動が起こせない。

また、関心を持った会社を見つけても、自分の想いを相手に伝える文章や言葉にするのが苦手で、応募書類の作成や面接のことを考えると二の足を踏んだり、決断できずにいる。

または、やりたい仕事と思って就職しても何かのきっかけで歯車が崩れ離職したら、終わりのない自分探しが始まり、再就職までのブランクがあいてしまう。

そういう不安を抱え、悩んでいる若者に接していると、幾つぐらいから 「生きること=はたらく」ということを自覚したら良いのか、働くことは苦しいことや大変なこともあるけれど、同じように達成感や喜び、やりがいやお金も得られることを伝えればよいのだろうと考えます。

文部科学省のホームページには、

「キャリア教育」とは、子どもたちが、社会の一員としての役割を果たすとともに、それぞれの個性、持ち味を最大限発揮しながら、自立して生きていくために必要な能力や態度を育てる教育である。
また、社会の「本物」に触れさせ、“働くことの喜び”を伝えることの重要性。
多様化する社会・経済の環境に対して興味・関心を広げることができ、学びの意味や働くことの意義を体得することを通じて、自らの興味や資質に応じた多様な進路の可能性を拓くこと。

と書かれています。

株式会社KOHOプラスワンでは【広報】の要素を切り口に、子どもと地域、企業を繋げたキャリア教育を行っています。
広報活動は、受け身ではできません。
自ら動いて情報収集や発信をする「主体性」や「実行力」そして「発信力」。
締め切りや、より良い表現方法を考える「計画力」や「柔軟性」。
インタビューや取材があれば「傾聴力」や「状況把握力」「規律性」も大切です。
広報はゼロから企画し「創造力」をフルに働かせて行う仕事と言えます。
この方法を子どもたちに伝え、チャレンジの場を提供することは「社会人基礎力」の向上に繋がると考えます。

3つの分類 12の能力要素  企業の広報活動例
前に踏み出す力
アクション
主体性 (物事に進んで取り組む力)
働きかけ力 (他人に働きかけ巻き込む力)
実行力 (目的を設定し確実に行動する力)
・社内/社外からの情報収集

・社内報などの段取り

・関係者とのコミュニケーション

・問い合わせ対応

考え抜く力
シンキング
課題発見力 (現状を分析し目的や課題を明らかにする力)

計画力 (課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力)

想像力 (新しい価値を生み出す力)

・現状や市場動向調査

・新商品発表などの企画/準備

・スケジュール管理

チームで働く力
チームワーク
発信力 (自分の意見をわかりやすく伝える力)
傾聴力 (相手の意見を丁寧に聴く力)
柔軟性 (意見の違いや立場の違いを理解する力)
情況把握力自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力)
規律性社会のルールや人との約束を守る力)
ストレスコントロール力 (ストレスの発生源に対応する力)
・部署ミーティング

・取材記事の作成

・会社情報の発信

・プレスリリース

・ブログやSNSの活用

・企業の顔としての礼儀や行動

・トラブル対応

 

株式会社KOHOプラスワンでは「主体的かつ、積極的に学ぶアクティブ・ラーニング」としてプロの職業人と関わりながら、地域の方や企業を取材し、子どもたちの達成感と自己肯定感を高めていくプログラムを実施しています。
※岐阜県立池田高等学校でのキャリア教育の活動支援

プログラムの計画から実行までに、pixta_23262876

  1. 関係者とのヒアリング
  2. アイデアの提案
  3. 具体的な授業プログラムの作成
  4. 事業運営

を流れとして行って参ります。
またこれは、子どもたちが地元企業の魅力を知ることや多様な職業に触れるチャンスとなります。

「子どもたちのキャリア教育として何かないか?」「地域にあったキャリア教育を考えたい」とお考えの行政や教育委員会の方。
また、企業のCSR活動の一環として、地域と交流を深めたいという経営者や企業のCSR担当の方。

是非、お声を掛けてください。
地域に根付いたプログラムを企画・運営いたします。

「知名度アップ」や「ファンづくり」「キャリアコンサルタント」へご興味を持たれましたらお気軽にお問い合わせください。090-3308-9867電話受付時間:平日9:00-18:00

メールでのお問合わせはこちら KOHOプラスワン